公益社団法人日本技術士会北陸本部・青年技術士委員会
2017-11-20 06:25
 ● 新着情報
2009年07月11日 昨年9月の第38回日韓技術士会議における日韓親善サッカー大会を契機として、青年技術士委員会ではサッカーチームを結成し新潟市を中心として活動しています。興味のある方は気軽に事務局へご連絡ください。
次の10件>>

 ● 青年技術士委員会とは

 「青年技術士委員会」とは、主として若手の技術者を対象に、つねに進展する科学技術を探求するきっかけとなる見学会、講演会、技術発表会などの行事を企画・実行する委員会です。当委員会は、技術士及び技術士補のうち、45才以下の日本技術士会会員で構成しています。ただし、 北陸本部は、会員数が少ないことから、自称「青年」も含めています。

【目標】

 地域の科学技術に関する実践的な知識集団の一員として、日々進展する科学技術を、青年技術士という立場から各分野での業務等を通じて社会に具現化することで、「持続的な地域の発展と人々の幸福に貢献する」ことを大きな目標としています。

 【活動方針】

 「地域の活力・底力」をテーマにした見学会、講演会などの行事を開催し、若手技術者の技術力の向上、それに伴う意識向上をつねに心がけさせ、技術者全体の資質向上を図ることが活動方針です。

また、各県持ち回りで年1回行っている「拡大委員会議」は、青年委員会のメインイベントであり、1泊2日で近況報告、技術発表会、見学会、懇親会を行っています。中でも技術発表会は、さまざまな専門分野の若手技術者たちの発表の場であり、互いの技術の融合、発展を目指したものです。




 ● これまでの活動内容
 発足以来の具体的な取り組みとしては、昨今様々な分野において関わりが深く、重要な視点の一つである「環境問題」を取りあげ、この「環境問題」にどう取り組んでいくべきかについて、勉強会等を通じて掘り下げてきました。また、2003年度からは環境問題を包含する「くらし」をテーマに地域に密着した企画を行ってきました。
行事名称 開催日時 開催地
青年技術士委員会・金沢会議
2006年06月22日(thu)
金沢市・七尾市
パネルディスカッション「青年が語る20年後の未来像」
2006年01月28日(sat)
技術士センタービル8F会議室
高柳・かやぶきの里(農村滞在型観光)〜柏崎刈羽原子力発電所(安全管理)「見学会」
2005年09月10日(sat)
新潟県柏崎市高柳(じょんのび村・かやぶきの里他)、柏崎刈羽原子力発電所
パネルディスカッション「暮らしと防災」
2005年02月19日(sat)
技術士センタービル(新潟市)
村上市 町屋通り見学会
2004年09月25日(sat)
新潟県村上市 町屋通り
第31回技術士全国大会
2004年09月14日(tue)
札幌市
パネルディスカッション「古い新潟と新しい新潟」
2003年12月13日(sat)
技術士センタービル(新潟市)
朱鷺メッセ・下町界隈見学会
2003年09月20日(sat)
新潟市
講演会「自然環境と水産物」
2003年01月18日(sat)
技術士センタービル(新潟市)
堆肥工場見学会、及び意見交換会
2002年07月17日(wed)
新津市内堆肥工場、新津地域学園研究室

<<前の10件 次の10件>>



 ● 今後の活動計画

 青年技術士委員会では「地域の活力、底力」をテーマに、毎年以下の行事を企画しています。

 【年間行事予定】

(1)拡大青年技術士委員会議 :7月頃開催

 平成17年度に石川県で開催して以来、福井県、富山県、新潟県と北陸支部内4県を順に巡り、見学会と意見交換会を1泊2日で行っています。

(2)見学会 :9月頃開催

 北陸地域の元気ある企業等を訪問します。見学場所は、会員数の多い新潟県内が中心となっています。

(3)講演会 :1月頃開催 

 科学技術に関する地域の話題から全国的、世界的話題にいたるまで、会員が興味ありそうなトピックスを選び、その第一線で活躍している講師を招きお話しを伺います。

(4)各地域本部との交流

 全国各地域本部との交流活動についても積極的に参加します。青年技術士交流実行委員会での全国交流、北東3本部技術士交流研修会、技術士全国大会など。